英会話力は日記を書くと伸びる?英語で日記を書く方法とメリットを解説!

英会話力向上のための学習法のひとつに、

”英語で日記を書く”という方法があります。


「スピーキングを伸ばしたいのに、書いて伸びるの?」
と思う方も多いと思いますが、日記を書くことで実際にいろいろな面での英語力の向上が期待できます!

「あいさつすら自信がない」という初級の方から
「天気の話とか、軽いコミュニケーションなら大丈夫!
でも自分の意見を英語で言わなきゃいけないとか、込み入った話になると途端に単語が全然でてこない」といった中級、上級の方までどのレベルの方にも適した学習方法なんです!


この記事では、日記を書くメリットや方法を解説します。

英語で日記を書くことのメリット

✔︎とにかくマイペースでOK

まずは本当にカンタンな文章で2〜3行から始めればいいんです!
といっても、初級の皆さんは最初は何を書いたら良いかわからないかもしれません。
そんな時は、

  • I had lunch with my friend. 友達とランチした。
  • It was sunny today. いい天気だった。
  • My husband cooked curry. 夫がカレーを作った。

こんな調子で大丈夫です。
その日起こった出来事食べたもの天気などの話題がおすすめです。

コツは、とにかくハードルを下げて書いてみること!焦らずにゆっくり時間をかけて書くうちに、言いたいことはだんだん増えていくでしょう。

この「言いたいことが増える」感覚は、実際の英会話に落とし込むことができます!
身の回りの出来事や感情、気分を書いていると、「英語でどんなことを話してみたいのか」が明確になり、少しずつ、口から英語が出てくるようになります。


✔︎「勉強しなくてはいけない」という義務感がいらない

机に向かってテキストを開いて勉強するのは一苦労。
英語が話せるようになるために努力しつづけるのはそんに簡単なことではありません。

英語日記なら、スマホのメモアプリを開いていつでもどこでも始められます
スマホで知らない単語を調べながら書けば、「勉強しなきゃ」というプレッシャーを感じる必要がありません。

もちろん、お気に入りのノートにペンで書いても楽しいですね!あくまで自分の好きなタイミングで、気楽に実践できるというのがメリットです。

✔︎自分の英語に自信が持てるようになる

何日か日記を書いているうちに、
「自分ってこんなこと考えてるんだ」
「先週の日曜日と同じこと日記に書いてる」など、ある程度、自分の行動や思考がどんな傾向なのかを把握できたら、しめたものです。
日々のルーティンについて書けば、それを英語で説明できるようになっていることでしょう。

このように、自分がしたことを繰り返し書くことで、実際の会話でも自然とその表現が使えるようになります。

使えるフレーズを持っている、増やしていくことで、スピーキング力は飛躍的に伸びていきます

✔︎表現力が広がり、伝わる英語が話せる

新しい語彙やフレーズを覚えれば、話し方のパターンが増えます。
日記を書きながら、知らない言葉や他にうまい言い方がないか検索しているうちに、より自然な言い回しに触れることができます

また、日記で身の回りの出来事を書くことにより、

  • わかりやすく説明ができる
  • 簡潔に、明確に話すことができる
  • 自分の感情をより正確に表現して、相手に伝えられる

このようなことも可能になります。

✔︎リスニング力も上がる

日本語話者のわたしたちでも、聞き慣れない単語を聞くと「ん?今何て言いました?」ってなりますよね。

英語でも語彙や文法、知っているフレーズが増えると、
もちろん聞き取りやすくなり理解できる幅が広がります。

◉初級の方→コミュニケーションの基盤作りに
中級、上級の方→より具体的な話、表現が正確にできるようになる
どのレベルの方も英会話が上達します!

◉文章を書く力はもちろん、「話す」「聞く」「読む」の全てにおいて向上する

日記を書く学習方法

学習方法は上記の通り、習慣的に日記を書くだけです。

じっくり考えながら書くことで文章を構成する力がつきます。
日記を書きながら、「”実家”って英語で何て言うんだろ…??」など、わからない言葉を調べておくことで、いざその語彙を使う場面がでてきたときに使えるようになります。

💡日本語で「実家」に相当する英単語はありませんが、”Parents’ house(両親の家)” と言うことで同じようなニュアンスを表現することができます!

いつ書くの?

理想的には、毎日書くのがベストです。

その日の夜と決めなくても、学校やお仕事のお昼休み、帰宅途中や電車の中など、どのスキマ時間でもいいので、気軽に2〜3文から挑戦してみましょう。

しかし、無理は禁物。疲れている時に無理することはないので、週に何度かでも気軽に続けることが大事ですね!

どこに書くの?

もちろん、ノートや日記帳を準備しても構いませんがより気軽にパソコンやスマートフォンのメモ帳

プライベートな話でなければSNS(Instagram、Twitter等)に書くのもおすすめです!

どんなことを書けばいい?

▼初級の方は、まずは簡単な文からでOK!

  • 天気(晴れていた)
  • 食事(〜を食べた)
  • 感情(楽しかった)
  • ハードルを下げて、思いついたことをどんどん書きましょう

▼中級•上級の方は、少し長い文に挑戦してみましょう!

  • When(いつ)
  • Where(どこで)
  • Who(誰と)
  • What(何を)
  • Why(どうして)
  • How(どうやって)
    「5W1H」を意識して、情報量の多い1文を作ってみましょう
Charlie
Charlie

でも、その文法が正しいかどうか、自然な表現なのか、自分だけではわからない、間違えて覚えてしまうかも...

そんな時気軽に添削できたらいいなあ、と思いませんか??

オンライン専用のコースがあります!

My diaryコース

オンライン英会話NeWorld English(ニューワールドイングリッシュ)の”My Diaryコース”では、日記を書くコツを動画でチェックできます!
実際どんなことを書けばいいの?」という疑問を4分ほどの動画でチェック。

そして日記を書いたら、なんとオンラインレッスンで添削できるんです!

「続けられないし、すぐに飽きる」
 →オンライン英会話を利用して自分の日常を講師にシェア!

「自分の語彙だけじゃ限界がある…」
 →レッスンでより自然な表現を講師が紹介します

「文法が合ってるか自信がない」
→レッスンでプロの講師に添削してもらえる!

コースの詳しい内容はこちらの記事をご覧ください
➝【コース概要

タイトルとURLをコピーしました