復習はこれでバッチリ!Student Noteをもっと活用しよう

毎回のレッスンで、講師が単語やアドバイスを書いておくStudent Note。

皆さんは活用できていますか?

使いこなせれば効果的な復習ができる上に、学習のスピード、定着率も上がるんです!

会員様からも「Student Noteが便利!」というお声をいただいています。

今回の記事ではレッスンノートを120%使い倒すワザを公開します!

Student Noteはどこで確認するの?

Student Noteは
マイページからすぐに開くことができます。

パソコンを使ってレッスンを受けている方は、直接ブックマークに追加していつでも開けるようにしておいても良いですね!

講師と生徒の両方が編集できる

レッスン後の講師からのコメントは、自分の強みと弱点を把握する武器になります

しかし、「フィードバックを読んで終わり」になっていませんか?

Student Noteは使い方次第で、より効果を発揮します。レッスン後は放置せずに、もっと早く上達するためにどんどん活用していきましょう!

Student Noteは、Googleのサービスである「Googleドキュメント」を利用しています。作成者以外でも編集ができるのが特徴です!

▲このように講師だけではなく、生徒もどんどん自分のノートを編集できるんです!

  • レッスン中に新しく覚えたことを自分でも書き込む
  • 新しい単語をイメージで覚えるために画像検索して貼り付けておく

なんてことも可能です。

ここからは、復習にぴったりのGoogleドキュメントの機能をご案内していきます。

おすすめ機能①音声入力で発音練習しよう

お気づきでしたか?「音声入力」で発音が正しいか試せるということに…。

AIが人間の声を識別して文字にするわけなので、発音が間違っていると当然その単語はAIに聞き取ってもらえません

日本人スタッフが試しに「squirrel(りす)」と言ってみたら「scram」や「square」と入力され、まったく「りす」になる気配がありませんでした…。“QU”や”L”の発音ができていないと言うことがわかりますね。

こんなふうに、自分の発音チェックができるんです!

使い方はとても簡単。

「ツール」から「音声入力」を選べばすぐに開始できます。


新しい単語を音声入力を使ってメモしておけば、発音を確認しながら口と耳を使って覚えられて一石二鳥です!

さっそく「squirrel」が正しく入力されるか、試してみませんか?

おすすめ機能②コメントで特別な学習ノートにしよう

ふせんを貼っておくような感覚でメモが残せる「コメント機能」があります。

ノートに書き留めておくのももちろん良いのですが、単語帳代わりにコメント機能を使うのがおすすめです。

Student Noteはレッスンのたびに毎回開きますので、前回のレッスンで残しておいたコメントは自然と目に入ってきます。

コメント入力方法1
コメント入力方法2

このように講師がくれたTipsをメモしておきます。

また、「解決ボタン」という親切な機能もあります。「もうこの単語覚えた」と思ったら「解決ボタン」を押すことで簡単に消すことができるんです。

身についたと思ったらさっぱりと消して、気持ちよく新しいことを学びましょう!

おすすめ機能③同期していつでも確認しよう

こうして自分だけのStudent Noteを作ったら、スキマ時間でいつでも見返せるのもGoogleドキュメントの強み。

スマホでGoogleドキュメントのアプリをダウンロードしておけばいつでもどこでも開けます。

通勤の電車の中やお風呂の中、寝る前などに、わざざわ英語ノートを引っ張り出すのは大変ですが、

スマホで簡単に確認できるStundent Noteをちょくちょく見返すことで、学習内容の定着につながります。

最後に

今日紹介した機能を使いこなして、レッスンをより充実したものにしていきましょう!

今後も効果的な学習方法を発信していきます。

おすすめ予習方法についてはこちらの記事もご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました